MENU

退職勧奨・不当解雇に強い弁護士紹介24時間無料相談電話

退職勧奨・不当解雇に強い弁護士紹介24時間無料相談電話

 

退職勧奨・不当解雇に強い弁護士紹介24時間電話相談窓口:PR

 

弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が退職勧奨や不当解雇の問題に強いかなんて分かりませんよね?

 

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

 

相談者の状況や要望に応じて適切な弁護士を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

 

日本法規情報サポートセンター

 

電話:0120-905-075

 

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。

 

退職勧奨で弁護士に無料相談する前の知識

退職勧奨で弁護士に無料相談する前の知識

 

退職勧奨で弁護士に相談する前に基本的な知識を確認しておきましょう。
弁護士の無料相談は30分から60分程度の時間制限が設定されている場合が殆どですので、事前に要点を整理しておくことが望ましいためです。

 

退職勧奨とは?

退職勧奨とは、使用者(会社などの企業、事業主)が労働者に退職を促す行為です。
解雇ではなく退職勧奨を行うのは、以下のような理由が殆どです。

 

  • 解雇要件に該当しない。
  • 解雇要件に該当するが、労働者の再就職に配慮するため。
  • 訴訟リスクを回避したい。

 

退職勧奨は、あくまでも自主退職を促す行為であり解雇ではありません。
労働者が退職勧奨に応じた場合、労働契約は終了して退職することになります。

 

退職勧奨に応じる義務はある?

退職勧奨に応じる義務はありません。
退職するかどうかは労働者本人の自由であり、本人に退職意思がなければ退職届を書く必要はありません。

 

退職勧奨の回数、方法等は必要な限度にとどめられるべきであり、執拗に行ったり、多数回にわたり上司が行うことは、退職強要につながる行為であることを覚えておきましょう。
会社側から圧力を感じるようであれば、弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

退職勧奨が違法になるケース

退職勧奨それ自体には違法性はなく、退職するかしないかの選択権は労働者側にありますが、以下のようなケースでは、違法な退職勧奨になる可能性があります、

 

  • 退職しない意志表示を行っているにも関わらず執拗に退職勧奨する行為。
  • 解雇要件に該当しないにも関わらず退職しなければ解雇すると威圧する行為。
  • 長時間にわたり退職勧奨する行為。
  • 多人数で取り囲んで退職勧奨する行為。
  • 大声で怒鳴る、机を叩く等の威圧的に退職勧奨する行為。
  • 退職を目的とした配置転換や業務変更。

 

違法な退職勧奨は損害賠償請求の対象となる可能性があります。

 

退職勧奨の拒否

退職勧奨を拒否する場合は、言質を取られないようにするなど、以下のような点について注意しましょう。

 

  • 退職勧奨を拒否することを明言
  • 書面へのサインには応じない
  • 退職勧奨の内容を記録する
  • 執拗な退職勧奨にはメールや書面で警告
  • 解雇予告手当を受け取らない

 

退職勧奨の受諾

退職勧奨に応じる場合は、有利な退職条件を引き出せるよう、以下のような点について注意しましょう。

 

  • 解決金や退職金について交渉
  • 退職条件が決着するまで勤務する意思を名言
  • 退職条件を書面に残す
  • 退職理由が自己都合・会社都合のどちらになるか確認

 

退職勧奨・不当解雇で弁護士に無料相談できる対応窓口

退職勧奨・不当解雇で弁護士に無料相談できる対応窓口

 

退職勧奨・不当解雇で弁護士に無料相談できる公的機関・対応窓口です。

 

  1. 市役所・区役所・町村役場などの自治体
  2. 日本司法支援センター「法テラス」
  3. 日本弁護士連合会

 

自治体の市民相談では定期的に弁護士により無料相談を実施しています。
法テラスでは原則無料で弁護士に法律相談できます。

 

日本弁護士連合会では、各都道府県の弁護士会で退職勧奨・不当解雇などの労働問題の相談に応じていますが、無料相談に対応していない場合もあるので、最寄りの弁護士会に電話で確認してください。

 

退職勧奨・不当解雇で法テラスに弁護士無料電話相談

退職勧奨・不当解雇で法テラスに弁護士無料電話相談

 

収入が一定額以下であるなどの条件はありますが、法テラスに電話相談して弁護士を紹介してもらうことも可能です。
法テラスの弁護士相談は1回につき30分、1つの問題につき3回までです。

 

公式サイト:https://www.houterasu.or.jp/service/roudou/index.html

 

退職勧奨・不当解雇の弁護士無料相談の電話番号

電話:0570-078374

 

退職勧奨・不当解雇の弁護士無料相談の時間

平日の9時〜17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません)

 

退職勧奨・不当解雇で弁護士会に無料相談

退職勧奨・不当解雇で弁護士会に無料相談

 

日本弁護士連合会(弁護士会)では、各地の弁護士会館・法律相談センターなど全国約300ヶ所で労働問題の相談を実施しています。
相談時間はおおむね30分、相談料は5,500円前後ですが、退職勧奨・不当解雇の相談は無料の場合もあります。

 

公式サイト:https://www.nichibenren.or.jp/legal_advice/search/center.html

 

以下は東京弁護士会の例ですが、他の都道府県の弁護士会でも無料相談を実施している場合があるので、それぞれのホームページで確認してみてください。

 

新宿総合法律相談センターで退職勧奨・不当解雇の弁護士無料相談

例えば、東京弁護士会の新宿総合法律相談センターでは、労働問題の相談は初回30分無料です。
事前予約が必要なので、以下の電話番号に問い合わせしてみてください。

 

受付:月曜日〜土曜日9:30〜16:30(祝祭日は除く)
電話:03-6205-9531

 

錦糸町法律相談センターで退職勧奨・不当解雇の弁護士無料相談

例えば、東京弁護士会の錦糸町法律相談センターでは、労働問題の相談は初回30分無料です。
事前予約が必要なので、以下の電話番号に問い合わせしてみてください。

 

受付:月・火・金・土曜日9:30〜16:30、水・木曜日9:30〜19:30(祝祭日は除く)
電話:03-5625-7336

 

池袋法律相談センターで退職勧奨・不当解雇の弁護士無料相談

例えば、東京弁護士会の池袋法律相談センターでは、労働問題の相談は初回30分無料です。
事前予約が必要なので、以下の電話番号に問い合わせしてみてください。

 

受付:土曜日13:00〜16:00
電話:03-5979-2855

 

蒲田法律相談センターで退職勧奨・不当解雇の弁護士無料相談

例えば、東京弁護士会の蒲田法律相談センターでは、労働問題の相談は初回30分無料です。
事前予約が必要なので、以下の電話番号に問い合わせしてみてください。

 

受付:日〜火曜日9:30〜16:30、水〜金曜日12:30〜19:30(祝祭日は除く)
電話:03-5714-0081

 

立川法律相談センターで退職勧奨・不当解雇の弁護士無料相談

例えば、東京弁護士会の立川法律相談センターでは、労働問題の相談は初回30分無料です。
事前予約が必要なので、以下の電話番号に問い合わせしてみてください。

 

受付:月〜土曜日9:30〜16:30(祝祭日は除く)
電話:042-548-7790

 

退職勧奨・不当解雇の解決にかかる弁護士費用

退職勧奨・不当解雇の解決にかかる弁護士費用

 

退職勧奨・不当解雇の解決にかかる弁護士費用は法律事務所ごとに異なりますが、以下に大体の相場を紹介します。

 

相談料 30分5,500円〜1時間11,000円程度(初回は無料相談の事務所がおすすめ)
着手金 無料〜50,000円程度(債権者1社あたり)
報酬 10万〜30万円程度
日当 1時間1万円程度

 

退職勧奨・不当解雇に強い弁護士紹介24時間無料相談電話 関連ページ

弁護士無料電話相談所|24時間法律相談
弁護士相談の注意点

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口:PR


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。