MENU

不動産トラブルに強い弁護士紹介24時間無料電話相談

 

土地の権利トラブルは金額が大きいだけに、紛争相手に負けると被害も大きくなりがちです。
賃貸関連だとしても、住居に直結しているだけに、生活に大変な影響がありますよね。
不利益を被らないように、不動産トラブルに強い弁護士に相談する必要があります。

 

不動産売買トラブルに詳しい弁護士に相談

不動産売買では大金のやりとりが発生しますが、それだけに不利益を被ると大変な損害になってしまいます。
トラブルになるような不動産は、権利関係が複雑なことが多く、解決には弁護士の力を必要とする場合も多いのです。
知識・経験が豊富な法律事務所に相談することが重要です。

 

不動産登記トラブルに詳しい弁護士に相談

不動産の権利を証明するのに、登記は必須ですが、登記に詳しい弁護士は意外に少ないのが現実です。
状況によっては司法書士との連携も必要になってきます。
不動産問題に強い弁護士なら、司法書士とも提携しているので安心です。

 

敷金返還・賃貸契約の不動産トラブルに詳しい弁護士に相談

敷金返還や賃貸契約に関するトラブルは件数も多く、賃貸人の多くが泣き寝入りしているのではないでしょうか?
悪徳不動産業者という言葉があるように、業界のなかには法律を守らない会社も少なくありません。
不動産トラブルに強い弁護士に相談することで、こういった悪徳企業に対抗できます。

 

不動産任意売却に詳しい弁護士に相談

住宅ローンを滞納して競売にかけられる恐れがあるなら、任意売却という手段があります。
不動産は、競売では市場価格に半額程度に買い叩かれますが、任意売却なら市価の90%程度で売却できます。
交渉によっては、銀行に内緒で引っ越し代金を負担して貰うことも可能です。

 

立ち退き・地上げ被害の不動産トラブルに詳しい弁護士に相談

悪徳不動産会社から立ち退きや地上げにあっているなら、弁護士に相談しましょう。
嫌がらせを中止させたり、売却するにしても有利な条件を引き出したりするには、専門家の知識や肩書が必要です。
地上げに対抗できる弁護士は非常に少ないので、相談先も限定されます。

 

家賃滞納・立退き請求の不動産トラブル詳しい弁護士に相談

家賃滞納で立ち退き請求したいなら、弁護士に相談してください。
滞納しているからといって、無理な追い出しをすると違法行為になっていまいます。
専門家に相談することで、リスク回避することができます。

 

不動産・土地問題に詳しい弁護士に相談するのは意外に難しい

 

弁護士相談の半分以上は借金問題と離婚で、不動産トラブルは比率にすると僅かです。
結果として、日常的に不動産問題に携わっている弁護士は少ないのです。

 

不動産トラブルの弁護士相談の割合は?

内容 比率(%)
クレサラ(借金) 38.2
家事(離婚) 16.2
不動産 6.0
損害賠償 5.7
債権・債務 2.1
倒産 0.3
労働 1.5
交通事故 14.8
消費者 0.7
その他 9.8
刑事事件 0.3
行政事件 1.0
民事・刑事・行政以外(未分類を含む) 3.5

※無料法律相談の内容別割合(日弁連)

 

日弁連の資料によると相談内容の殆どが、借金、離婚、交通事故です。
不動産は、わずか6%しかありません。
普段、まったく携わっていないのですから、法律の専門家といっても、頼む側としては不安になりますよね。

 

自分が相談するなら、やっぱり不動産に詳しい弁護士の方が良いに決まってます。
相手と紛争状態で、裁判になる可能性もあるなら尚更です。

 

不動産トラブルに強い弁護士は日本法規情報の電話相談センターで!

不動産に強い弁護士を探すなら、日本法規情報の24時間無料電話相談窓口がおすすめです!
日本法規情報は、国内最大級の専門家マッチングサービスを運営している会社です。
約3000人に専門家・有資格者が登録していて、それぞれの分野に強い弁護士を紹介してくれます。

 

相談料は無料、フリーダイヤルなので電話代もかかりません。

 

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。