MENU

離婚に強い弁護士に無料相談した体験談

妻との不仲、いわゆる「性格の不一致」により離婚を考えました。
必ずしも別れることが前提ではなく、どうしようかなというのが、正直な気持ちでした。
たまたま見かけた弁護士事務所の広告に、「離婚相談無料」という文言があったので、話を聞きに行きました。

 

 

弁護士の無料離婚相談は費用はかからないけど営業される?

まず、話を聞きに行くという、言わばアドバイスを受けに行くようなスタンスが間違っていました。
弁護士事務所の無料相談というのは、一般企業で言うところの営業です。
弁護士にしてみれば、どうにかして事件を引き受けなければ、収入を得ることができません。

 

「性格の不一致で喧嘩ばかりするなら、別れて新しい生活を始めた方がずっと良いですよ」

 

などと、弁護士が離婚するように勧めてくるのも仕方のないことかもしれません。
法律の専門家に繰り返し勧められたことで、性格が不一致の妻との離婚に対して心理的なハードルが下がったというか、踏み切ることがたやすいように思えてきました。

 

帰り道、ふと思い出しました。
話を聞くだけなら無料なので、費用がかからないので、弁護士に相談に来たのだと。

 

帰宅して落ち着いて考えると、現時点では本当に別れるつもりはありませんでした。
弁護士に相談すると離婚させられると聞いた事がありましたが、こういうことかと思いました。

 

弁護士の無料離婚相談のメリット

メリットというか、良かった点もあります。
性格の不一致で離婚するために必要な条件を聞けたことです。

 

双方同じ考えで円満離縁なら、条件などなんでもいいのでしょう。
しかし、相手が拒否した場合には、離婚請求するのに正当な理由が必要なのです。

 

性格が不一致というだけでは裁判所は認めてくれませんので、家庭の中で相手のアラを探す証拠集めが必要です。
将来に備えて今から集めておいてもいいのかなと少し思いました。

 

そんな風に考えてしまうのも、弁護士に無料相談して離婚を勧められたからかもしれません。

 

弁護士に無料離婚相談するなら聞くことの内容を決めておく

自分が本当はどうしたいのか、しっかりと内容を決められない内は、利用すべきではありません。
弁護士というのは、ボランティアでも何でもない、収入を得るための職業です。
無料相談に来たら、離婚を前提にアドバイスします。

 

最初から離婚するつもりなら、法律の専門家にアドバイスを受けられて、相手よりも有利になるよう行動できると思います。

 

まだ、決断できていないなら、判断を影響されます。
弁護士に離婚で無料相談したばかりに、その気になってしまい、別れたあとに後悔することもあると思います。

 

自分の人生の重要な選択は、自分で決断したいですよね。
無料だからといって、安易に弁護士に離婚相談するのはオススメできません。
本当に決めた後に、力になって貰いましょう。

 

弁護士以外の離婚カウンセラーの無料電話相談

弁護士は敷居が高いので、離婚カウンセラーに相談したという話を聞きますが、注意が必要です。
ネットで検索すると有料・無料を問わず、山のようにカウンセラーのサイトが出てきます。

 

 

離婚で悩んでいる人は、無料電話で簡単だからと、つい相談したくなると思います。
ですが、中には問題のあるカウンセラーも存在します。

 

離婚の悩み相談を聞くだけならと良いのですが、法的な手続きを弁護士以外がするのは、「非弁行為」といって禁じられています。

 

違法行為を犯している人から、法的なアドバイスを受けるのって、どう考えても変ですよね。
カウンセラーの全てを否定するものではありませんが、十分に注意してください。

 

市役所の無料離婚相談の弁護士は評判が悪い

市役所の無料弁護士相談を利用した経験がありますが、正直な感想として不満を持ちました。
同様の感想を持つ人も多いようです。

 

 

市役所での相談は、離婚を強く勧めるという感じではありませんが、時間も短い(15分)ので焦って相談することになります。
無料なので、相談してみると良いと思いますが、あまり期待しない方が良いかもしれません。

 

離婚に強い弁護士紹介24時間電話相談窓口

離婚に強い弁護士に相談したいなら、日本法規情報の専門家マッチングサービスが便利です。
日本法規情報には、約3000人の資格者・専門家が参加しており、これは日本でも最大級の規模。

 

例えば、土日に相談したいとか、女性弁護士に頼みたいといった要望も可能です。
相談は無料、フリーダイヤルなので電話代も必要ありません。
イザという時の参考にしてください。

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。