弁護士 無料相談 電話 24時間

MENU

弁護士を無料相談電話で24時間対応で紹介できる窓口!

日常生活の中でこそ接点はありませんが、法的な問題・トラブルが起きた際に、一番頼りになるのが弁護士です。
企業経営者は除き、一般の世帯で法律事務所のお世話になる時と言えば、「借金返済」「離婚・慰謝料・養育費」「遺産相続」「交通事故」「労務関係」「刑事事件」などの問題が起きた時でしょう。

 

いずれの場合も、正しい知識を持って対処しなければ、大きな損失に繋がりますので、専門家の弁護士が必要になるのです。

 

当サイトでは、法律問題の概要、知識、各地域の弁護士事務所について紹介しています。
最近では、無料電話相談ができる法律事務所も増えています。

 

各地域の弁護士を無料で紹介してくれる「日本法規情報(24時間の電話窓口を設置!)」という会社もあります。
気軽に利用できるので、参考にしてください。

 

 

債務整理(借金問題)は弁護士無料相談電話が充実している!

誰でもお金を借りる時には、きちんと返すつもりで借入を行うものですが、予定通りにいかないのが人生です。
リストラや健康不良で仕事を失ってしまったり、他人の保証で借金が増えたり・・・
理由は様々ですが、借金返済に窮した人の切り札が「債務整理」です。

 

債務整理は大きく分けて「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類があります。
債務整理を行えば、返済可能な金額まで支払い額を引き下げる、あるいは借金を帳消しにすることができまますので、まさに切り札的方法です。

 

現在の借入残高や収入の状況に応じ、弁護士と相談して方針を決めます。
また無料の電話相談が一番充実しており、費用の分割、後払いに対応している事務所もあります。

 

 

離婚問題は弁護士初回無料相談を利用して慰謝料、養育費、財産分与を確認

最近、離婚件数こそ減りつつありますが、それは婚姻率が下がっているからであり、離婚率そのものは上昇を続けています。
離婚の際に一番考えなければいけないのが、「お金」です。

 

慰謝料、養育費、財産分与などですが、相手との交渉で不利になれば、そのまま経済的な損失に繋がってしまいます。
主張すべき所はしっかりと主張し、今後の生活が脅かされないよう弁護士と相談しましょう。

 

既に離婚済みでも、2年以内なら財産分与の請求はできますし、養育費が支払われてしないなどのケースでも、弁護士に相談すれば力になってくれますよ。
殆どの法律事務所では初回相談は無料なので、気軽に電話できると思います。

 

 

相続問題の弁護士無料相談電話は意外に少ない!

相続の法的対応は、かなり難しいものです。
一番簡単なケースでは、弁護士は不要で、司法書士に依頼するだけで事足ります。

 

ですが、相続税を支払う必要がある(6000万円以上の相続財産がある)場合は、税理士に依頼して申告を行う必要が出てきます。

 

相続人間で争いが起きて調停や審判となったり、遺言状を作成したりといった場合では、弁護士に相談して依頼する必要もあります。
銀行などに依頼する方法もありますが、恐ろしく高いのであまりおススメは出来ません。

 

 

交通事故は電話できる弁護士が望ましい!初回無料相談も充実している!

24時間、突然起きて待った無しなのが交通事故です。
いざ事故が起きて、相手側との交渉が難航している場合、保険会社がしっかり動いてくれれば良いのですが、期待外れに終わる場合も多いのが現実です。

 

しかも交通事故相手の過失割合が100%だった場合、自分の保険会社には支払い義務が発生しませんので、何もしてくれません。

 

相手側の保険会社の言いなりにならない為に、弁護士に依頼する人が増えています。
最近増えている外資系やネット通販系の保険会社では、示談金をかなり低く提示するケースが散見されますが、交渉のプロを相手に素人が太刀打ちするには無理です。

 

交通事故案件に強い弁護士に相談し、損をしないようにしましょう。
また緊急を要する場合も多いので、電話ですぐに連絡できる法律事務所が向いています。

 

 

労働問題は初回の弁護士無料相談に対応する事務所が増加中!

ブラック企業などのニュースをテレビやネットで良く見かけますが、パワハラ、セクハラ、残業代の未払いなどの労働問題は増加傾向です。
いずれも違法行為であり、企業には対処責任があるので、本来泣き寝入りする必要はありません。

 

あまり杓子定規に主張しても会社に居づらくなりますので、判断はそれぞれですが、不当解雇や社内でのハラスメントで精神を病んでしまったなど、労働問題は生活苦に直結しますので、どうしてもという時は弁護士に相談しましょう。

 

泣き寝入りは駄目です。
きちんと権利を主張する人がいなければ、労働市場は健全化しません。

 

労働基準監督署がきちんと機能していれば、民間の法律事務所に相談する必要もなく、費用も完全無料なのでしょうが、お役所に期待しても無駄に終わることが殆どです。
自分の生活は、自分で守るしかないのです。
専門家が力になってくれますよ。

 

 

刑事事件は逮捕後24時間以内に弁護士に電話して相談!

刑事事件は警察に逮捕・拘留されると、72時間は弁護士以外は面会すらできません。
日本では起訴された場合、殆ど100%有罪になってしまいます。

 

逮捕直後に弁護士に相談すれば、早期の身柄開放や、被害者と示談して不起訴の可能性を上げることもできます。

 

逮捕後24時間以内が目途です。
とにかく、一刻も早く相談して起訴を阻止することが重要です。

 

弁護士にも民事事件や刑事事件など得意不得意がある!

法律事務所を選ぶ際、注意しなければいけないのは、弁護士にも得意分野と不得意分野があるという点です。
債務整理のプロが、離婚や交通事故も同じように処理できるかと言えば、そうではないのです。

 

もちろん弁護士もビジネスですので、依頼すれば引き受けて貰えます。
ただ、それが苦手分野だった場合、依頼者の利益を十分に確保できない恐れがあるということです。

 

自分で適切な弁護士や司法書士を選ぶ自信の無い方には、日本法規情報の無料電話相談センターがおすすめです!
全国の法律事務所の中から、ご希望に沿った弁護士を24時間対応で紹介中です。

 

弁護士無料相談電話の24時間受付窓口、土日・夜間対応の日本法規情報

 

日本法規情報は、日本最大級の専門家マッチングサービスの会社です。
法律分野には特に強く、さまざまな問題のサポートを行っています。

 

24時間対応!日本法規情報の弁護士相談センターに無料電話

 

弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。

 

とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

 

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

 

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも土日・祝日OK、24時間受付で料金は無料です。

 

24時間受付!日本法規情報の弁護士相談センターの電話番号

 

電話:0120-905-075

 

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。

弁護士無料相談メールの24時間受付窓口、厳選弁護士検索

厳選弁護士検索では、それぞれの事件に強い事務所が、最短5秒で見つかります!
しかも全国対応通話料無料で安心です!
公式サイトにアクセスして、都道府県、悩み(法律問題)の種類を選択して検索!
住所、最寄駅、定休日、営業時間、電話番号、弁護士名が表示されるので、その中から選べばOKです。

 

対応可能な法律問題

離婚、相続、労働問題、交通事故、刑事事件、債務整理(借金)

 

24時間受付できるのはメール相談!

電話(通話無料):平日9:00〜19:00(事務所によって異なります。)
メール:受診は24時間、折り返し連絡致します。

 

※事務所によっては面談での相談が無料でない場合もあります。
※事務所によっては電話相談を受け付けていない事務所もあります。

 

※現在休止中

 

 

弁護士無料相談電話が出来る窓口は?

 

法的な問題・トラブルについて弁護士無料相談電話ができる窓口は複数あります。
以下は代表的な窓口です。

 

  • 法律事務所
  • 法テラス
  • 弁護士会
  • 市役所
  • 民間企業

 

弁護士無料相談電話の窓口その1.法律事務所に直接連絡

最近では、無料電話相談が可能な弁護士も増えてきましたので、インターネット検索などで探した事務所に直接連絡することも可能です。
増えてきたとは言っても、絶対数は少ないです。

 

30分5,000円などの事務所の方が多く、特に地方では無料相談できる弁護士事務所は殆どありません。
全国対応の事務所を探したほうが確実だと思います。

 

弁護士無料相談電話の窓口その2.法テラスを利用する

法テラス(日本司法支援センター)は法律支援事業を行っている、法務省所管の独立行政法人です。
利用者からの問合せ内容に応じて、法制度に関する情報と、専門機関・団体等(弁護士会、司法書士会、地方公共団体の窓口等)に関する情報を無料で提供しています。

 

法テラスの弁護士無料相談は電話予約、またはメール予約の上、最寄りの施設に出向いて面談で実施する形式です。

 

業務時間が平日9時〜17時までで、土・日・祝日は業務を行っていないので、サラリーマンなどの従業者にとって利用しにくい面もあります。
法テラスは収入が低い人向けのサービスであるため、利用するための収入条件があります。

 

参考:法テラス無料相談の電話予約と弁護士面談の体験記!

 

弁護士無料相談電話の窓口その3.弁護士会を利用する

各都道府県にある弁護士会でも、無料相談電話に対応している場合があります。
基本的には、地方の弁護士会では有料の場合が多い印象ですが、無料も増えています。

 

借金問題、労働問題、刑事事件被害者などの相談は、無料の場合が多いです。
居住地の弁護士会によって方針が異なるので、詳細については公式サイトで確認することをおすすめします。

 

弁護士無料相談電話の窓口その4.市役所の市民窓口

市役所などの自治体でも、無料法律相談会を実施しています。
殆どの場合は予め電話で予約、当日は市役所に出向いて面談で実施する形式です。

 

自治体の弁護士無料相談は手軽ではあるのですが、以下のようなデメリットもあります。

 

  • 時間が短い(大体15分程度)
  • 担当弁護士は仕事の依頼を受けられない
  • 担当弁護士、その他の事務所の紹介はしない

 

弁護士無料相談電話の窓口その5.民間企業の情報サービス

日本法規情報などの民間企業では、弁護士紹介に関する無料電話相談を行っています。
民間企業の情報提供サービスですので、殆どの場合は全国対応、24時間対応、電話対応、メール対応など、サービススペックが良いのが特徴です。

 

注意点として、あくまでも法律事務所を紹介しているだけであって、法律相談はできません。
弁護士資格を有しない者は、法律業務の取り扱いを禁じられている(弁護士法77条3号)からです。

 

弁護士無料相談電話の窓口まとめ

公的機関、民間企業など様々な窓口がありますが、どこが一番良いかは人によって異なります。
例えば法テラスは収入によっては利用できませんし、住んでいる都道府県の弁護士が無料相談に対応しているかどうかも問題もあります。

 

いずれにしても、弁護士本人にいつでも気軽に電話して無料で相談できるという窓口はありません。
弁護士さんもボランティアではありませんからね。

 

無料相談に対応している場合でも、初回だけとか、借金問題だけとか、いろいろ条件があることを認識した上で、上手に利用しましょう。

更新履歴