MENU

弁護士相談の準備|事前確認するものと書類など事前準備するものは?

 

法的トラブルに陥ったとき、最後に頼むとしたらやはり弁護士でしょう。
まずは相談、ということになりますが、事前に準備しておくことがいくつかあります。

 

弁護士相談の事前準備その1.得意分野を調べる

離婚に強い、企業買収に強い、借金トラブルに強いなど、それぞれ得意な分野が異なります。
もちろん、弁護士である以上すべての事件を取り扱うことはできます。

 

しかし、社会の複雑化に伴い、法律や事件も複雑化している傾向にあります。
なので、分野によって必要とされるスキルも異なる場合があります。

 

そのため、自分の抱えている問題と照らし合わせながら、相談する法律事務所をきちんと選ぶほうが良いでしょう。

 

弁護士相談の事前準備その2.内容を整理しておく

相談する内容を整理しておきましょう。
もちろん、弁護士はプロです。
身一つで飛び込んで、あれこれ言えばなんとか対応してくれるかもしれません。

 

しかし、これでは時間がかかります。

 

弁護士によっては、相談費用が時間に応じて決まっていることがあります。
その場合、ダラダラと相談すれば、費用が高くつくことにもつながりかねません。

 

法律事務所に飛び込む前に、事前に何を話すかをメモで準備いくことも重要です。
弁護士いえども他人ですから、ちゃんと話がわかるように伝えましょう。

 

弁護士相談の事前準備その3.必要書類の持参

契約書などの重要な書類を持参しましょう。
トラブルの内容にもよりますが、契約書がある場合は持参するのがベストです。

 

また、トラブルの相手とお金のやり取りなどをしている場合には、いつ、いくら、受け取った・渡したというのがわかるように通帳や領収証などの書類があると便利でしょう。

 

事前準備その2と重なるところがありますが、弁護士は最初からあなたとともに居たわけではありません。
そのため、すべてを知っているわけではありません。

 

面倒かもしれませんが、きちんと説明できるように書類の準備をしておきましょう。

 

参考:弁護士相談の必要書類や事前準備する資料は?

 

弁護士相談は準備が重要!事前準備するもの次第で早期に解決に繋がる!

 

いかがでしたか。
何事も段取りが9割とも言いますが、法律相談も同じです。

 

相談内容の整理、必要書類の準備は特に重要で、弁護士のアドバイスがまったく違ってくることを認識しておきましょう。

 

必要なものをスムーズに準備することが、事件の早期解決に繋がると思います。
きちんと準備してから臨みましょう。

 

とは言え、弁護士の得意分野や必要書類など、自分ではよく分からない人も多いと思います。
準備するものが分からなければ、どうしようもありませんよね。

 

そういった場合は、日本法規情報の弁護士紹介無料電話相談窓口の利用がおすすめです。
弁護士の得意分野や準備が必要なものを無料相談で教えてくれます。

 

 

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口

 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。


そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。


相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。


日本法規情報サポートセンター


電話:0120-905-075


※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。

弁護士相談の準備|事前確認するものと書類など事前準備するものは?記事一覧

日本法規情報は、国内最大級の専門家紹介サービスを運営している会社です。その規模は、1000以上の法律事務所、3000人以上の資格者という数にのぼります。専門家の中でも、特に弁護士の登録数が多いので、法律相談を検討中の方には便利だと思います。弁護士無料相談のためのフリーダイヤルを設置法律の専門家にいろいろと聞きたいけれど、最初は無料相談でお願いしたいという方は、日本法規情報の「相談窓口案内サービス」...

借金や離婚、貸金の回収など、普通に生活をしている中で弁護士に相談をしたいと思う問題に関わる人は少なくありません。しかしながら、実際に弁護士に相談をするとなると、どうやって選べばよいのか迷ってしまいますよね。もちろん、最近では多くの法律事務所がそれぞれにホームページを開設していますので、得意分野や費用、事務所の場所などを確認して検討することが必要となります。加えて検討して欲しいことが、弁護士の性格、...

小さな工場を経営している60歳男性です。弁護士の上下関係が原因で、契約を断られた経験があります。法律相談する際の参考になれば幸いです。ちょうど10年前のことです。元請け会社の社長が変わり経営方針も変わったからと、様々な難癖をつけられて、3ヶ月間に渡って納めた商品代金の不払いに合いました。下請けなので、上下関係は仕方ありませんが、力があるからといって不払いされたらこちらも会社が潰れてしまいます。あま...

弁護士に正式に依頼をするのではなくて、まずは無料相談をしたいと思っている方も多いと思います。いずれは弁護士に依頼をしたいと思っていても、その前に弁護士選びの意味も込めて、お金を掛けずにアドバイスだけ受けたい場合もありますよね。その際には、手ぶらで弁護士事務所に行くのではなく、相談内容に関係ありそうな、持って行くと役立つかもしれない書類・資料などがあれば、事前に準備して持参して行きましょう。関連があ...

弁護士事務所では多くの場合、無料で相談を受け付けています。それを利用しない手はありません。依頼前に確認しておきたいことを聞きやすいですからね。法律事務所に事前に確認をしておきたいと思っている場合には、通常は直接弁護士を訪ねて、そこで相談に乗ってもらうという方法が一般的です。しかし、そういった手間のかかる方法だけではありません。最近はメールを使って相談に応じてくれるところもあるので知っておきましょう...

弁護士に法律相談をする場合には、いくつかの選択肢があります。直接、事務所まで出向いての面談だったり、電話でだったりと様々です。選択肢によって、かかる費用にも大きな違いが出てきます。それぞれについて解説していますので、参考にしてください。弁護士相談の料金相場費用時期相場相談料金(面談)相談時5000円/30分債務整理、離婚など、初回無料の事務所もある相談料金(電話)相談時1000円/10分〜5000...

区役所や市役所では、弁護士無料相談会が定期的に開催されています。しかも結構人気があって、予約を取るのが大変な時もあります。区役所や市役所の弁護士無料相談は、そんなに役に立つのでしょうか?結論から言うと、あまりおすすめできません。実際に自分でも利用したことがありますが、再度利用することはないと思います。区役所の弁護士無料相談は時間が短すぎる区役所の弁護士無料相談は、時間が15分〜20分くらいのことが...