MENU

区役所の弁護士無料相談はおすすめできない理由

 

区役所や市役所では、弁護士無料相談会が定期的に開催されています。
しかも結構人気があって、予約を取るのが大変な時もあります。
区役所や市役所の弁護士無料相談は、そんなに役に立つのでしょうか?

 

結論から言うと、あまりおすすめできません。
実際に自分でも利用したことがありますが、再度利用することはないと思います。

 

区役所の弁護士無料相談は時間が短すぎる

 

区役所の弁護士無料相談は、時間が15分〜20分くらいのことが殆どです。
これでは、あまりに時間が短すぎます。

 

自分の場合、労働問題で相談したのですが、こちらからの説明と準備していた書類に目を通すだけで、時間が無くなってしまいました。

 

込み入った話の場合、30分くらいの時間がすぐに過ぎてしまうと思います。
そして、法律問題は大体込み入った話であることが殆どです。

 

区役所の弁護士無料相談はやる気が感じられない

 

自分の場合、書類などもしっかり準備、伝達事項、確認事項なども整理して弁護士に相談したのですが、結果は大変不満足なものでした。
難しいので我慢するしかないんじゃないですか?と言われて、他にアドバイスはありませんでした。

 

勝ち目があるなら訴訟も検討するつもりでしたが、弁護士からは全くやる気を感じられませんでした。
しかも名刺も貰えませんでした。

 

区役所によっては、無料相談会での勧誘を禁止しているケースもあるようなので、そのためかもしれません。

 

区役所の弁護士無料相談は不得意分野かもしれない

 

区役所や市役所の無料相談会では、当然ですが弁護士に指名はできません。
自分がアドバイスして貰いたい分野に強いかどうかは、運だよりになってしまいます。

 

離婚相談ばかりやっている弁護士が、債務整理や交通事故に強いとは限りません。
大企業相手の労働問題などは、交渉ノウハウなども必要だと思います。

 

わざわざ電話で予約して相談する価値があるのか、、正直言って疑問です。
自分も再利用しようとは思わないし、人にもおすすめできないですね。

 

区役所より通常の弁護士無料相談がおすすめ

 

区役所や市役所の弁護士無料相談会って、本当に必要でしょうか?
昔は、費用をかけずに法律問題のアドバイスを貰えるメリットがあったと思います。

 

でも、現在では弁護士の数が増えたこともあって、無料相談できる事務所も当たり前にあります。
別に区役所じゃなくても、普通に探して連絡すれば良いと思います。

 

探し方が分からないなら、日本法規情報の24時間無料電話相談窓口で紹介して貰えます。
全国対応で、約3000人の専門家が参加しているので、希望にあった弁護士を紹介して貰えますよ。

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。