MENU

インターネット問題に強い弁護士紹介24時間無料電話相談

 

インターネットに関するトラブルは、トラブル相手の顔が見えないこともあり、どうしても不安が大きくなる傾向があります。
不安になるのは、無視しておいて大丈夫なのか、対応が必要なのか、判断が付かないからです。

 

有名な架空請求やワンクリック詐欺などは、パソコン・スマートフォンのような機器や、インターネットに詳しくない人が騙されて請求に応じてしまうケースも少なくありません。

 

身に覚えがないので請求には応じなかったにしても、詳しくないことだけに、裁判・提訴・差押といった言葉で請求されると、すごく不安になってしまいます。

 

このページでは、インターネットでの金銭トラブル事例、誹謗中傷による権利侵害の弁護士相談について解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

インターネットの金銭トラブルは事例に詳しい弁護士に相談が必要

 

インターネットでの金銭トラブルは、次から次に新しい手口が出てきています。
新しい手口に対応するには、最新の事例に詳しい弁護士に相談する必要があります。
以下は、主なインターネット金銭トラブルの事例です。

 

架空請求・ワンクリック詐欺のインターネットトラブル弁護士無料相談の事例

有料情報サイトの利用中やサイトを探している際に、何かしらのボタンをクリックしただけで「登録」となるなどして料金を請求される。
特にアダルトサイトでのトラブルが多く、家族にも相談できないケースが少なくありません。

 

オンラインゲームに関するインターネットトラブル弁護士無料相談の事例

無料と思い子供に自分の携帯電話を使わせたら、高額な利用料金の請求がきた。
高校生の娘が無料オンラインゲームで知り合った人からいろいろ勧誘されている。

 

インターネット通販に関するトラブル弁護士無料相談の事例

会員登録を解約しようと、ホームページを見てみたが、解約手続きをする箇所が見つからず、解約できない。
共同購入型クーポンを購入した。クーポンをキャンセルして払い戻したいが、できないと言われた。

 

インターネットオークションのインターネットトラブル弁護士無料相談の事例

落札した中古車に、納車後すぐに不具合がおきた。購入時にはそのような情報はなかった。
落札したパソコン部品の不具合について、メーカーに問い合わせたら『正規ユーザーではないので対応しない』と言われた。
落札した携帯電話機が突然通話できなくなった。

 

通信料金に関するのインターネットトラブル弁護士無料相談の事例

携帯電話事業者がパケット定額制を設けているにもかかわらず、パケット料金が高額で納得できないといった相談や、海外で利用したモバイルデータ通信の定額料金についてのトラブルなど。

 

フィッシング詐欺に関するのインターネットトラブル弁護士無料相談の事例

金融機関やオンラインショップなどからのEメールを装い、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号、有効期限、ID、パスワードなどの個人情報を返信もしくは入力させてそれらの情報を入手し、金銭を詐取する行為。

 

インターネットでの誹謗中傷はITに強い弁護士に相談が必要

 

インターネットでの誹謗中傷が多発しています。
殺害予告などの明らかな犯罪行為であれば警察に届け出れば良いのですが、誹謗中傷の場合、中傷内容の真偽や被害実態が曖昧なため、警察では取り合ってくれないことが殆どです。

 

ホームページ、掲示板、ブログ、SNSなどインターネット上に書きこまれた誹謗中傷を削除するのは簡単ではありません。
管理者に誹謗中傷の削除を依頼しても、権利侵害に該当するかどうか管理者が判断できないことも多く、裁判所での手続きが必要だからです。

 

インターネットの誹謗中傷は、ほぼ全てが匿名で書き込まれていますので、個人を特定するための調査も必要です。
そのためには、ITに強い弁護士に相談する必要があるのです。

 

弁護士も人間ですので、得手不得手があります。
おじいちゃん弁護士に相談しても、インターネットに関する用語すら知らないこともあるのです。
もちろん、若ければ誰でも詳しいわけではありません。

 

インターネットでの誹謗中傷を弁護士相談で解決できるケース

弁護士に相談してトラブルを解決するには、誹謗中傷によって法的な権利が侵害されていることを証明する必要があります。
インターネットでの誹謗中傷に伴う権利侵害は大きく分けて5つです。

 

  1. 名誉毀損
  2. 侮辱
  3. プライバシーの侵害
  4. 信用毀損罪
  5. 業務妨害

 

それぞれの権利侵害の定義
名誉毀損 他人の名誉を傷つける行為。 損害賠償責任等を根拠づける不法行為となったり、犯罪として刑事罰の対象となったりする。
侮辱罪 侮辱罪(ぶじょくざい)は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することを内容とする犯罪行為。
プライバシーの侵害 プライバシーは、私生活上の事柄をみだりに公開されない法的な保障と権利であり、これを侵害する行為。
信用毀損罪 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪行為。
業務妨害 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害する行為。

※出典:Wikipedia

 

インターネット・ITに強いサイバー弁護士紹介24時間無料電話相談

インターネット・ITに強いサイバー弁護士は少ないのが現実ですので、法律業界に詳しくない人は探すだけでも大変ですよね。
そのような場合は、日本法規情報の弁護士紹介24時間無料電話相談がおすすめです。

 

日本法規情報は、国内最大級の専門家マッチングサービスを運営している会社です。
弁護士、税理士、社労士など、約3000名の専門家が加盟・登録しているので、刑事事件に強い弁護士を簡単に見つけることができます。

 

24時間対応の無料電話窓口が設置されているので、気になっていることを簡単に確認できます。
法律系のサービスなので、一般的には知られていませんが、もの凄く大勢の人(当サイトからも毎月2000〜3000名)が利用しています。

 

インターネットトラブルは、対応が遅れると経済的に大きな損失に繋がる場合も少なくありません。
対応が分からず不安なままでいるよりも、電話して相談だけでもしてみることをおすすめします。

 

電話:0120-905-075

 

法テラスでインターネット問題の弁護士無料電話相談

 

収入が一定額以下であるなどの条件はありますが、法テラスに電話相談して弁護士を紹介してもらうことも可能です。
法テラスの弁護士相談は1回につき30分、1つの問題につき3回までです。

 

法テラスの電話番号

電話:0570-078374

 

法テラスの業務時間

平日の9時〜17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません)

 

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。