弁護士 無料相談 電話 刑事事件

MENU

刑事事件に強い弁護士紹介24時間無料電話相談

 

警察に逮捕・起訴されるなど、刑事事件に巻き込まれたら、急いで弁護士に相談しましょう。
日本の警察は優秀ですが、報道などでも問題になるように冤罪の可能性もあります。

 

日本では刑事事件で起訴された場合、有罪率は殆ど100%です。
有罪になったら前科者です。

 

刑事事件は密室のなかで取り調べが行われ、自白を迫られ、そんな事態が何日も続けば、自暴自棄なることもあります。

 

警察の捜査に対抗できるのは弁護士だけです。
そのため、弁護士は被疑者との面会など、特別な権限が与えられています。
家族・親戚・友人などが警察に逮捕されたら、一刻も早く弁護士に相談することをおすすめします。

 

刑事事件は弁護士に相談した方が良い理由

 

刑事事件で警察に逮捕・拘留されると、完全に自由が奪われ、外部との連絡も絶たれてしまいます。
逮捕後72時間は、家族にすら連絡できません。

 

この期間に被疑者と自由に面会できるのは弁護士だけなのです。
刑事事件は、できれば24時間以内に弁護士に相談しましょう。
理由は大きく分けて3つです。

 

  1. 逮捕後72時間以内でも被疑者に面会できる
  2. 早期の身柄開放
  3. 不起訴の可能性を上げられる

 

逮捕後72時間に被疑者に面会できるのは弁護士だけ

普通の人が警察に逮捕されたらパニックなってしまいます。
日本の法律では自分に不利になることについては黙秘権があるのですが、殆どの人は警察の言いなりになってしまいます。
刑事事件では、弁護士にアドバイスして貰って、自分に不利になる言動を避ける必要があります。

 

弁護士に相談して早期の身柄開放

弁護士に相談して早期に身柄が解放されれば、家族や仕事への影響を最小限に抑えることができます。
警察に拘留されたままでは、何もできません。
逮捕の段階では「被疑者」の状態ですので、刑事事件では不起訴に向けての行動が必要なのです。

 

弁護士に相談して不起訴の可能性を上げる

逮捕された直後に弁護士に相談すれば、例えば被害者の方と示談することも可能です。
そうなれば、不起訴処分になる可能性もあります。
先ほども言いましたが、起訴されたら殆ど100%有罪になるのが、日本の刑事事件ですので、とにかく起訴を阻止することが重要なのです。

 

刑事事件に強い弁護士に相談することが重要

 

相談するといっても、弁護士なら誰でも良いわけではありません。
弁護士も人間ですので、得手不得手があります。
最低でも刑事事件に強いこと、できれば逮捕された事件内容に強ければ一番良いことは当然です。

 

民事と異なり、刑事事件はすべて人生の一大事ですので、最大限の手段を講じるべきです。
被疑者の味方として警察に対抗できるのは弁護士だけなのです。

 

刑事事件は有名な弁護士に相談した方がいい?

大きな事件の公判(裁判のこと)で無罪を勝ち取るなどして有名な弁護士に相談できれば、もちろん何よりです。
ですが、有名な分だけ費用も高額になりますし、多忙なので、刑事事件で一番重要な初動が遅れる可能性もあります。

 

刑事事件は、公判を戦うのも重要ですが、不起訴に持ち込めるかどうかが大切です。
一般的には有名ではなくても、刑事事件に強い弁護士に依頼することで、迅速な初期対応が可能になるのです。

 

刑事事件の弁護士費用はいくらかかる?

以下は、刑事事件にかかる弁護士費用の相場表です。
実際には事務所ごとに金額は異なるので、参考程度にしてください。

 

相談料(初回無料の事務所もある) 30分5,000円〜
接見費用(面会費用。拘留場所によっても変動) 1回あたり2〜5蔓延
着手金(弁護士に正式依頼する際の費用) 30〜50万円
成功報酬(不起訴、減刑、執行猶予などに成功した場合の費用) 30〜50万円
実費(交通費、事務経費など) 実費
日当(弁護活動のための日給) 1時間あたり1万円〜

 

刑事事件に強い弁護士紹介24時間無料電話相談センター

日本法規情報は、国内最大級の専門家マッチングサービスを運営している会社です。
弁護士、税理士、社労士など、約3000名の専門家が加盟・登録しているので、刑事事件に強い弁護士を簡単に見つけることができます。

 

24時間対応の無料電話窓口が設置されているので、気になっていることを簡単に確認できます。
法律系のサービスなので、一般的には知られていませんが、もの凄く大勢の人(当サイトからも毎月2000〜3000名)が利用しています。

 

刑事事件は、対応が遅れると一大事です。
被害者と示談できれば不起訴になった事件が、対応が遅れたために起訴されて有罪、前科が付くという事態になりかねません。
電話して相談だけでもしてみることをおすすめします。

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。