弁護士 無料相談 電話 婚約破棄

MENU

婚約破棄に強い弁護士紹介24時間無料相談電話

 

結婚を約束したにも関わらず、婚約破棄されて、弁護士に相談したいという場合があると思います。

 

  • 婚約者から一方的に婚約を破棄されたが、納得いかない。
  • 結婚式場の費用や家具の購入などで出費しているので、婚約破棄なら費用を負担して欲しい。
  • 両親、知人に結婚相手として紹介しており、精神的に大きな苦痛を感じている。
  • 妊娠しており、婚約破棄されて堕胎するしかなくなった。

 

婚約破棄によって損害を受けた場合、弁護士に相談すれば慰謝料を請求できるのでしょうか?

 

婚約破棄されたら弁護士相談して慰謝料を請求!

 

婚約の事実があり、自分に非が無いにも関わらず、一方的に破棄されたなら、もちろん慰謝料を請求できます。
とは言え、男女関係は感情的な言い合いになることも多く、自分に法的な非があっても、相手のせいにするケースも少なくありません。

 

弁護士に相談することで、法的な判断で、相手に対応・慰謝料請求することが可能になります。

 

婚約破棄で弁護士相談して慰謝料を請求するには婚約の証明が必要

婚約破棄で慰謝料を請求するには、婚約の事実を証明する必要がありますが、結婚を口約束しただけでは証明したことにはなりません。
婚約を直接的に証明できるのは、以下のような行為があります。

 

  • 結納の儀式
  • 婚約合意書の署名

 

婚約を間接的に証明するものとしては、以下のような行為があります。

 

  • 継続的な性交渉
  • 妊娠
  • 婚約指輪の贈呈
  • 同居のための住居の契約
  • 同居のための家具・備品の購入
  • 同居中である事実
  • 結婚式場の予約

 

婚約の対外的な事実としては、以下のような行為があります。

 

  • 双方の両親との面会して結婚相手として紹介
  • 双方の親族に婚約者として紹介
  • 結婚式の招待状の発送

 

プロポーズされたなどの主観的な事実では、そういう意味合いではなかったと主張された場合、婚約の証明にはなりません。
直接的に証明する行為、あるいは、間接的に証明する行為であっても複数に該当するなどの必要性があります。

 

婚約破棄の正当な理由があれば弁護士相談しても慰謝料は請求できない

相手側に正当な理由があれば、婚約破棄されても慰謝料を請求することはできません。
正当な理由とは、以下のような理由が該当します。

 

  • 婚約者が他の異性と性的な関係にある
  • 婚約者に他の婚約者がいる
  • 婚約者が既婚者だった
  • 婚約者に異常な性的嗜好がある
  • 婚約者に性的関係を強要された
  • 婚約者の犯罪行為

 

婚約破棄に強い弁護士に相談することが重要

 

そもそも、婚約破棄してくるということは、相手のことが気に入らないわけですから、婚約破棄の理由を相手のせいにして、自分の非を認めない場合がすくなくありません。
慰謝料うんぬんではなく、本当にそう思っている場合が多いのです。

 

このような相手に慰謝料を認めさせるには、婚約破棄に強い弁護士に相談することをおすすめします。

 

法律の専門家とはいえ、弁護士も普通の人間ですので、得意不得意があります。
借金や相続問題に強いからといって、婚約破棄の慰謝料請求にも強いとは限りませんからね。

 

婚約破棄されて弁護士相談する費用の相場は?

弁護士費用は、それぞれの事務所によって違いますが、ここでは一般的な相場を紹介しています。

 

費用 時期 相場
相談料(面談) 相談時

5000円/30分
初回無料の事務所もある

相談料(電話) 相談時

1000円/10分〜5000円/30分
簡単な相談なら初回無料の事務所もある

着手金 契約時 10万円〜
報酬金 終了後 依頼人の利益により異なる
手数料 契約内容で時期を決める 数万〜数十万、内容に応じて異なる

 

婚約破棄の弁護士相談はメールでもできる?

メールでの相談を受け付けている弁護士事務所も存在はしますが、メールで込み入った内容を説明するのは、とても難しいのが現実です。
自分が言いたいことと、法的な判断のために弁護士が聞きたいことが、大きく異なっているとコミュニケーションになりません。

 

メール相談では、婚約破棄で慰謝料請求の対応が可能かどうか判断、詳細な内容については、面談して相談することをおすすめします。

 

参考:弁護士メール相談なら24時間無料相談が可能

 

婚約破棄に強い弁護士紹介24時間無料電話相談なら日本法規情報

一方的な婚約破棄では、精神的な被害だけではなく、経済的な被害も同時に受けることが殆どです。
婚約破棄されて泣き寝入りしないためにも、慰謝料請求は弁護士に相談することをおすすめします。

 

法律業界に詳しくない人なら、日本法規情報の無料電話相談(24時間対応)を利用するのが、おすすめです。

 

日本法規情報は、国内最大級の専門家マッチングサービスを運営している会社です。
弁護士、税理士、社労士など、約3000名の専門家が加盟・登録しているので、婚約破棄の慰謝料請求に強い弁護士を簡単に見つけることができます。

 

24時間対応の無料電話窓口が設置されているので、気になっていることを簡単に確認できます。
法律系のサービスなので、一般的には知られていませんが、もの凄く大勢の人(当サイトからも毎月2000〜3000名)が利用しています。

 

婚約破棄による慰謝料請求は、対応を誤ると金額が減る恐れもあります。
慰謝料が希望通りに貰えるか不安なら、電話して相談だけでもしてみることをおすすめします。

 

電話:0120-905-075

 

法テラスで婚約破棄について弁護士無料電話相談

 

収入が一定額以下であるなどの条件はありますが、法テラスに電話相談して弁護士を紹介してもらうことも可能です。
法テラスの弁護士相談は1回につき30分、1つの問題につき3回までです。

 

法テラスの電話番号

電話:0570-078374

 

法テラスの業務時間

平日の9時〜17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません)

 

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。