弁護士 無料相談 電話 ストーカー

MENU

ストーカー被害に強い弁護士紹介24時間無料相談電話

 

ストーカー被害にあって不安に感じているなら、専門家に相談することをおすすめします。
ストーカー行為は法律違反ですが、自分が不快に感じている行為が違法なのか、それとも自分の考えすぎなのか、自信が持てない場合もあると思います。

 

特に身近な人物が相手だった場合、どこまで事を大きくして良いのか悩むのが殆どです。
自分だけで解決しようとして、事件につながる事例もありますので、まずは専門機関の無料相談で確認してみましょう。

 

ストーカーかも?規制対象となる8つの行為

平成12年11月24日にストーカー規制法により、以下の8つの行為を規制対象としています。

 

  1. つきまとい・待ち伏せ・押し掛け
  2. 監視していると告げる行為
  3. 面会・交際の要求
  4. 乱暴な言動
  5. 無言電話・連続した電話・ファックス
  6. 汚物などの送付
  7. 名誉を傷つける
  8. 性的羞恥心の侵害

 

上記のような行為はストーカー規制法に抵触します。
ただちに専門機関に相談してください。

 

ストーカー被害について相談できる専門機関は以下の3通りです。

 

  • 警察
  • NPO法人
  • 弁護士

 

ストーカー相談で警察は動かない?

 

ストーカー事件がテレビで放映されると、警察は動かないとか、何をやっていたんだ、などの批判が起きます。
一部には、そのような例もあるのかもしれませんが、警察官の大部分は真面目に取り組んでくれます。

 

警察は公権力を実力行使できる組織ですので、公平性が厳しく問われます。

 

ストーカー被害にあっていると感じていても、ただの思い込みかもしれません。
具体的な行為について、詳しく相談してみましょう。

 

参考:ストーカー被害を未然に防ぐことを目的とした警察庁公式サイト|相談窓口・支援制度

 

警察にストーカー相談したら逆恨みされる?

ストーカー被害で警察に相談したいけど、逆恨みが怖いという場合もあると思います。
相手側の感情としては逆恨みされるかもしれませんが、そんな事を気にして泣き寝入りしますか?

 

そんなこと、できませんよね。

 

いきなり警察はちょっと、ということならNPO法人でも無料相談は可能です。

 

ストーカー無料相談できるNPO法人(弁護士ではありません)

 

NPOでも相談は有料な場合もあります。
ストーカー被害について無料相談できるNPO法人です。

 

特定非営利活動法人 よつば(公式サイト
無料相談窓口:050-5877-7928
住所:〒110-0005 東京都台東区上野3-9-5久里ビル

 

NPO法人は無料で相談はできますが、自分の代理人として法的な手続きを行うことはできません。
そのような場合は、弁護士に相談することになります。

 

ストーカー、つきまとい、嫌がらせ、ネットストーカーの弁護士相談窓口

 

弁護士は、法的手続きの代理人となれる唯一の職業・資格です。
ストーカー被害について、弁護士ができるのは、以下のような対策となります。

 

  • 被害者の代理人としてストーカーと交渉
  • 内容証明による警告
  • 民事訴訟

 

ストーカーの大部分は違法行為だと思っていませんので、弁護士から警告されると、驚いて行為を止める可能性があります。
今後の関係性を考えると、警察沙汰を避けたいのであれば、弁護士に相談するのも良いでしょう。

 

ストーカー被害に強い弁護士に相談したなら日本法規情報

日本法規情報は、国内最大級の専門家紹介サービスを運営している会社です。
約3000名もの専門家が参加しているので、それぞれの分野に強い弁護士を紹介して貰えます。

 

電話:0120-905-075

 

ストーカー被害で法テラスに弁護士無料電話相談

 

収入が一定額以下であるなどの条件はありますが、法テラスに電話相談して弁護士を紹介してもらうことも可能です。
法テラスの弁護士相談は1回につき30分、1つの問題につき3回までです。

 

法テラスの電話番号

電話:0570-078374

 

法テラスの業務時間

平日の9時〜17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません)

 

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。