MENU

交通事故で揉めて弁護士に無料電話相談した体験談

 

3年前の交通事故の話になります。
私の運転する自家用車で道幅の狭い道路を進んでいると、前方から来た車とすれ違い、危うくこすりそうになりました。

 

ギリギリで通過出来たようでホッとしていると、すれ違った車に乗っていた若い男性が車を降りてきて、交通事故だ!接触した!と文句を言ってきました。

 

ちなみにすれ違う際には、相手は車を止めて、私が車を動かして通過しました。
相手が言うには、ドアミラーが接触したとの事でした。

 

しかし、そんな音などなく、ミラーも細かい傷はあるにせよ、大きな傷ではありませんでした。

 

交通事故で弁護士相談した原因は相手の言いがかり!

接触したしないの揉め事になり、埒が明かないので、警察を呼んで確認して貰う事にしました。
警察では、接触したかは確認出来ないが、交通事故の証明は取れるとのことでしたので、証明書を発行して帰りました。

 

警察に名前と住所を聞かれ、私が同意したかのような感じで証明書が発行される事になるので、相手は事故証明書を盾に過失は私にあるとして、修理代として五万円を請求してきました。

 

交通事故の証明が出たので保険でおりますが、接触したかどうかも定かではありません。
納得できない私が要求を突っぱねると、相手は裁判を起こすと言ってきました。

 

更に、修理に出すので代車も用意しろと言いたい放題。
交通事故の慰謝料を更に上乗せして賠償請求するなど、脅迫めいた言い分でした。
私は、やれるものならやってみろと怒って帰りました。

 

交通事故で弁護士相談したら簡単に解決できた!

こんな不条理には納得いきませんが、相手が本当に裁判を起してきたらと心配になり、知人の弁護士に相談しました。

 

弁護士の言い分では、相手は交通事故の証明を盾に損害請求を求めているようだが、警察では私の車と接触した確認をとっていないので証拠にはならないし、もし相手が裁判を起してたら反訴すると言い返せばよいと言われました。

 

それでも何か文句を言ってきたら、弁護士の名前を出して良いと言われました。
後日、相手の男が電話してきたので、知人の弁護士の名前を出すと、あっさり交通事故裁判の件は引っ込めてしまい、その後は何の連絡もありません。

 

こうした言いがかり的な事をやるのが慣れている男のようで、脅せば泣き寝入りすると思ったのでしょう。
知り合いに弁護士に相談して本当に良かったです。

 

交通事故の相手が無保険で弁護士相談した体験談

 

2年ほど前何のですが、交差点において、交通事故にあいました。
車×車の事故だったのですが、交通事故の処理等終えて、双方保険にての対応ということで、その場は、別れたのですが、後日、相手方の車が無保険であったとわかりました。

 

無保険なので、私の方の保険屋さんから相手方の方へ、何度も連絡するのですが、電話にも出ず、家に行っても居留守を使って全然話にならないとのことだったので、私の保険には、弁護士特約がつけてあったため、弁護士さんに相談することにしました。

 

自動車保険の特約の弁護士に交通事故で相談

自動車保険の特約で紹介していただいた弁護士さんだったのですが、話は何とか前に進みそうだったのですが、交通事故相手が弁護士を付けて返事してきました。

 

それも、向こうから訴訟を起こしてきたのです。
こちら側は、私も保険会社も弁護士も唖然としましたが、その方向で対処することにしました。

 

交通事故で相談しても役に立たない弁護士だった!

当初、私が2割、相手が8割の過失割合だったのですが、どんなに言ってもダメということでした。
結局、交通事故は和解という方向に行きましたが、向こうの提示してきた条件が、私が3割、相手が7割でないと納得しないとのことでした。

 

私は、あまり納得がいかなかったのですが、こちらが相談した弁護士さんも、その条件でなければ相手方が絶対に引かないということでした。

 

交通事故で弁護士相談するなら力関係が影響する?

正直どっちの味方?という思いもありましたが、交通事故からだいぶ時間がかかっているので、私にとってもストレス以外の何物でもありません。
相手の条件をのんで、和解することにしました。

 

あくまで、私の見解ではありますが、同じ地域で仕事をされている弁護士さんには、多少なりとも力関係があるのだろうなぁと思ってしまいました。

 

結局のところ、駄々をこねた方が得をすることを勉強した感じです。
交通事故の交渉であっても、特約についてる弁護士はやっぱり駄目ですね〜。

 

交通事故相手の保険会社に暴言を吐かれて弁護士相談した体験談

 

歩行中に、交通事故で乗用車にはねられました。
救急車で運ばれ全身打撲を負いましたが、不幸中の幸いで骨折などにいたりませんでした。
加害者の前方不注意で横断歩道上ではねられたので。

 

私は交通事故の被害者で、まったく非はありませんでした。
加害者は、無制限の自動車保険にかかってくれていて、本人自身は大変な誠意を見せてくれました。

 

ですが、交通事故相手の保険会社が、保険を支払いたくないのか、私の身辺調査を始めました。
私が被害者にもかかわらず、私にも落ち度があるかのような暴言を吐かれたりしました。

 

暴言を吐かれたので交通事故で弁護士に相談した!

そこで、勤務先の事業主に相談し、交通事故に強い知り合いの弁護士を紹介して貰いました。
大変親身になってくれる方で、「全く許せないですね」と共感してくださりました。

 

被害者なのに、保険会社から追い詰められていた気持ちが、逆にすっとなくなり精神的に大変楽になりました。

 

交通事故から半年後、弁護士を入れて保険会社との交渉をはじめた途端、保険会社の対応が変わりました。
おかげで、その後の治療や通院にも集中できました。

 

交通事故で弁護士相談したら保険会社の態度が変わった!

弁護士さんが最終的な示談の内容を確認してくれて、「交通事故の被害者に対する補償内容としては妥当だと思いますよ」とアドバイスをいただき、納得できました。
裁判にもならずに済みました。

 

交通事故の被害者であるにもかかわらず、その後補償等の長引く交渉で、フラストレーションを感じるようであれば、専門家に相談すべきだとこの時感じました。

 

加害者及び保険会社が強気に出てきた場合、被害をこうむったのはこちらだということを毅然とした態度を貫き、決して泣き寝入りしてはいけないと思いました。

 

交通事故の修理代金で弁護士に相談した体験談

 

25歳の頃に所有していた車で、車同士が接触するという交通事故を起こしてしまいました。
左折時に、私の右レーンを走行中の車が私の右側をこするような形で接触しました。
交通事故で大きな外傷はありませんでしたが、車には1メートルくらいの傷ができてしまいました。

 

しかし、相手の車には5名乗車しており、警察到着後も5名が私の車が右に寄りすぎていたと主張されました。
私は対応に困り、自動車保険の交通事故の担当者に相談しました。

 

しかし相手の保険屋も、私の車の修理代を全額支払うのは難しいという判断で、2割の支払い額を伝えてきました。

 

交通事故相手の主張に納得できないので弁護士相談することにした!

私は右によっていた自覚もなく、なんなら左に寄りすぎていたくらいだと思っていたので、まったく納得ができませんえした。
そこで、交通事故対応で弁護士に相談することにしました。

 

その方には親切に対応していただき、通常その場合だと交通事故の修理代の半額は出して貰える筈だと言う話になりました。
しかしその金額を相手に請求する方法が、私には分かりませんでした。

 

交通事故は弁護士相談するだけで解決する?

弁護士の方は「法律家が登場するだけで交通事故の修理代を支払ってくれる可能性もある」という話だったので、正式に先生に依頼して交渉してもらいました。

 

そうすると先生が言っていたように、あっさりと5割負担を認めてくれました。
言われた通りの結果に驚きましたね。

 

交通事故で弁護士相談して正解だった!

最初は費用などを考えると、弁護士に頼むなんて大げさだと思っていましたが、交通事故の修理代について相談して本当に正解でした。

 

やはり、法律家が出てくるだけで、相手の態度が変わるものなんですね。
もっと法律事務所を身近に利用すべきと感じた経験でした。

 

バイク事故の相手に誠意がないので交通事故で弁護士相談した体験談

 

私は30代前半の独身男性です。
バイクの交通事故の話をします。
参考にしてみてください。

 

簡単にバイクの交通事故当時のことを説明します。
私(被害者)が原付バイクでした、相手(加害者)が四輪でした。

 

基本的には小さい方は身を守れないので、四輪の方が悪くなります。
私は原付バイクで左に曲がるところでした。

 

そこからかぶせるように四輪が入ってきました。
私はバランスを崩し、バイクが倒れ、手とひじに擦り傷と打撲をしました。

 

その場では警察を呼び、交通事故の処理をして、その後は示談ということになりました。

 

問題はそれから起きました。
相手の加害者に誠意が無く、一度も謝りませんでした。

 

たしかにたいした交通事故ではありませんが、病院にいって診てもらったのも事実です。
バイクの修理代も保険で払われたのもたしかですが、金額に納得がいきませんでした。

 

修理代に納得できないので交通事故で弁護士相談した!

そこで会社の先輩からどうしも納得ができないなら弁護士に相談してみたらといわれ、つい先日、ひだまり法律事務所というところに相談に行きました。

 

費用は30分5000円でしたが、交通事故について2時間くらい話しました。
そしてそのまま契約をしましたので、弁護士への相談料は無料になりました。
その際、着手金は10万円でした。

 

交通事故で弁護士相談すると費用がかかる!

成功報酬として弁護士に10万円支払うようです。
私が交通事故の加害者に請求したのは、バイクの修理とその代車費用、誠意の部分でした。
合計で50万円です。

 

私自身は儲けようと思ってやってません、ただ、加害者から誠意ある謝罪の言葉をいただきたかったのです。

 

交通事故で相談しても味方になってくれない弁護士

 

私は3年前に短期大学を卒業し、初めての就職となりました。
そこは車がないととても不便な場所にあり、泣く泣く中古車を購入しました。
車通勤が始まってから早5日で、私は横から猛スピードで飛ばしてきた車にぶつけられ、交通事故をしました。

 

私の車は4人乗りの軽自動車で相手はワゴン車でしたので、当然私がかなり被害を負いました。
車は交通事故で廃車になり、頭を5センチ切り出血が大量に出ました。
相手はほぼ無傷で、車もへこんだくらいでした。

 

警察に相手にして貰えないので交通事故で弁護士に相談した!

今回の交通事故は、明らかに私ではなく相手が悪いと警察に言ったものの、君の不注意だと言われ相手にしてもらえず。
あまりに腹が立ったので、味方になって貰うために弁護士に相談しました。

 

事情を説明して何とか相手に勝ちたいのですと言いました。
とりあえず怪我を治してからにしましょう、と労わりの言葉をかけてくださりとても嬉しかったのですが、笑顔になれたのはここまででした。

 

交通事故で弁護士相談しても報酬の払い損になった!

弁護士は私の話を聞いたあと警察の人に話を聞きに行き、その後相手の交通事故の加害者のもとへ行きました。

 

双方の話を聞いてなぜか変に納得し、現場の検証をするまでもなく、「これは君が悪いから仕方ない」と相手の味方になって、結局かなりの弁護料だけを支払わされて終わりました。

 

お金をぼったくられた気分です。
味方にもなってくれないし、二度とその弁護士には相談しないと誓いました。

 

交通事故問題は日本法規情報の弁護士無料電話相談センターがおすすめ!

交通事故で相手と揉めた際、頼りになるのは弁護士です。
ところが、自動車保険に付帯している特約の弁護士は、自分側に非がゼロだと利用できません。

 

そんな際は、日本法規情報の無料電話相談(24時間対応)を利用するのがオススメです。

 

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。