MENU

借金問題で弁護士に無料電話相談した体験談

 

法律事務所で借金について弁護士に相談をし、実際に依頼をした経験があります。
これから相談をしようと考えている方に、私の経験を参考にしていただければと思います。

 

借金で弁護士事無料相談について電話して分かることは?

まず、どの法律事務所に借金の相談に行くかどうかで迷いました。
悩んだ結果、何かあったときに事務所へ行くことを考えて、歩いて行くことができる駅の近くで法律事務所を探しました。
私の場合、3つの法律事務所に電話、その中から1つを選んで実際に借金整理の相談に行きました。

 

その事務所を選んだ理由は、電話に出た事務員さんの対応や雰囲気です。
電話をする前に借金整理を弁護士に依頼することについて調べてみました。
具体的な借金整理の手続きにおいては、事務員さんとのやりとりが多いようだったので、自分が話しやすい、そして対応が丁寧な事務員さんのいる法律事務所を選ぼうと思っていました。

 

結果、この自分の判断は間違っていなかったと実感しました。
実際に、借金整理の相談や依頼、最終的な判断は弁護士さんでしたが、その間のやりとりや細かい事は、ほとんど担当の事務員さんが対応してくれました。

 

もし、多忙な事務所で対応が冷たかったり、分からない法律用語を使うような事務員さんだったら、かなりのストレスを感じてしまったと思います。

 

弁護士さんはもちろんのこと、事務員さんの対応や雰囲気が不快なものでないかどうかは、その後の手続きにおいてかなり大きなポイントになるのではないでしょうか。

 

借金整理は相談が無料の弁護士事務所が多い

 

そして、私が借金の相談に行った法律事務所の相談料は30分5000円となっていました。
ところが、実際に依頼をしたところ、借金整理の場合は相談料は不要で、渡した5000円は事件費用としてくれました。

 

事務員さんに聞いたところ、そのようにしている事務所は結構あるそうです。
事前に、電話で費用について確認してみることも重要だと思います。

 

私の場合、弁護士さんと借金の相談をする前に、事務員さんが手続の内容や手続の流れなどを分かりやすく説明してくれました。
ですので、弁護士さんに法律用語を使って説明されても、問題ありませんでした。

 

優しい事務員さんだという程度に思っていましたが、恐らく優秀な事務員さんなのでしょう。
弁護士の説明では分からないだろう内容を、最初にやさしく説明してくれたのだろうと思います。

 

借金整理以外の事件についても、恐らく事務員さんの役割はとても大きいと思います。
どの法律事務所に相談に行くか迷ったら、事務員さんの対応や雰囲気を選ぶポイントにしてみることをおすすめします。

 

アディーレ法律事務所の借金無料相談

 

借金問題で有名な弁護士と言えば、アディーレ法律事務所です。
テレビCMや交通広告でも積極的に宣伝しているので、名前を知っている方も多いと思います。
そのアディーレ法律事務所ですが、2017年10月に所属する東京弁護士会から2ヶ月間の業務停止処分、元代表である石丸弁護士は3ヶ月間の業務停止を受けています。

 

業務停止処分となった理由ですが、景品表示法違反、宣伝方法が適切ではなかったということでしょうか。
アディーレの弁護士事務所としての能力の是非はともかく、業務停止となったことにより、債務整理中だった依頼者は多大な迷惑を被りました。

 

借金問題を2ヶ月間も放置するわけにはいきませんので、他の弁護士事務所に依頼して手続きを引継いで貰ったりと、大変な思いをされ方もいるようです。

 

無料で借金相談ができる公的機関

 

借金の相談窓口を設置している公的機関の一覧です。
公的機関ではカウンセリングやアドバイスして貰うことはできますが、自分の代わりに債権者と交渉したり、借金整理の手続きを行うことはできません。
基本的には、弁護士や司法書士を紹介してもらうことが、目的になると思います。

 

  1. 国民生活センター(消費生活センター)
  2. 市役所・区役所・町村役場などの自治体
  3. 金融庁
  4. 日本司法支援センター 法テラス
  5. 日本弁護士連合会・日本司法書士会連合会
  6. 日本クレジットカウンセリング協会
  7. 日本貸金業協会

 

市役所に電話して弁護士無料相談会で借金の相談をした体験談

借金整理をしようとなったものの、弁護士なんて知り合いにいるわけでもないし、どこの方理知事務所が良いのか、さっぱり分かりませんでした。
なので、市役所に電話して、弁護士無料相談会を紹介してもらいました。

 

借金整理する以上、当然と言えば当然なんでしょうが、収入や支出を紙に書かされ事細かく聞かれました。
ここはもう少し支出を押さえられないんですか?とかいろいろ言われました。
そして、なぜ借金を作ったのかも聞かれました。

 

弁護士さんと話しているうちに、安易な気持ちで借金を作っていたんだなと思い知らされました。
どうにかなるみたいな気持ちで、お金を借りてはダメなんですよね。
だから、借金整理するような状態になってしまったのだと思います。

 

過払い金もありましたが、それを差し引いても返さなくてはいけないお金もありました。
月々いくらぐらいなら払えるか相談をして、借金整理後は、その金額を毎月払う事になりました。

 

借金がチャラになった訳ではありませんが、おかげで先が見えたことに気分がいくらか楽になりました。
今までだと利息を払ってるだけで終わりなんて永遠に来ないような感じでしたし、ついついまた借りちゃっていました。

 

借金整理したら、返すのみで借りる事は出来ないので、限られた生活費の中でやりくりをするようになりました。
いかに、無駄遣いをしていたのか分かりました。

 

借金を減らせただけでなく、自分のお金の使い方も見直せたので良かったなと思います。
私は市役所の弁護士無料相談を利用しましたが、平日の日中限定だったり、月の数日しか開催されていない点は不便でした。

 

お勤めの方が、利用するには難しいかもしれません。
そういった方は、日本法規情報の無料電話相談(24時間対応)を利用するのがオススメだと思います。

 

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。