MENU

浮気・不倫に強い弁護士紹介24時間無料電話相談

 

夫・妻が浮気している場合、不倫の証拠になるような写真を複数枚撮れば、自分にとって有利になります。
相手の浮気が断定できますし、離婚の理由にもなります。

 

離婚するしないに関わらず、相手に慰謝料を請求する事もできます。
浮気というのは、浮気をした相手だけではなく、その浮気相手の人からも慰謝料を請求する事ができます。

 

しかし、それは相手が既婚者と知った上で、浮気相手として付き合っていた場合です。
既婚者だという事実を知らされず、付き合っていた場合には罪とはなりません。

 

浮気・不倫に強い弁護士無料相談をおすすめします!

このような問題は、民法に関わる問題となり、弁護士が詳しい法律問題となります。
そのため、弁護士にいち早く浮気相談するのがおすすめです。

 

弁護士に相談すれば、どのようなアクションを起こせば、どれくらいの慰謝料を請求する事ができる権利を得られるのかという点についても教えてくれます。

 

なるべき早い段階で弁護士相談することで、有利に行動することが可能になります。
浮気・不倫の初回無料相談に対応した弁護士事務所もあるので、積極的に利用するとよいでしょう。

 

当サイトでは、浮気・不倫に強い弁護士を24時間無料電話相談で紹介できる日本法規情報について紹介していますので、よろしければ参考にしてください。
ページ最後の「日本法規情報の24時間無料相談窓口」へ連絡してください。

 

浮気・不倫による離婚裁判は弁護士相談で有利に解決できる!

浮気などの民法上のトラブルは、家事裁判所で争うことになりますが、裁判でも優秀な弁護士に依頼することで有利になるような判決を得ることができます。

 

民事上のトラブルの中では、離婚問題が最も多いと言われています。
弁護士に依頼して裁判する方法以外にも和解という道もあり、調停員による和解で解決した事件もたくさんあります。

 

裁判で争うとなればコストもかかりますし、労力と時間などもかかります。
できるだけ無駄のないように、和解という道をとるのが一番良い方法ではあります。

 

とは言え結婚生活が長い場合や、相手を本当に信頼していた場合、浮気・不倫によって大きく心を傷つけられてしまい、トラウマのようになってしまう方もいます。

 

裁判は避けるにしても、弁護士が間に入って交渉することで、財産分与、慰謝料、養育費などを有利に解決に導いてもらうことができるのです。

 

浮気・不倫の弁護士相談費用は?初回相談無料の事務所がおすすめ!

浮気・不倫での弁護士相談料金は事務所毎に異なります。
あくまでも目安ですので、参考程度にしてください。

 

費用 時期 相場
相談料金(面談) 相談時

5000円/30分
債務整理、離婚など、初回無料の事務所もある

相談料金(電話) 相談時

1000円/10分〜5000円/30分
簡単な相談なら初回無料の事務所もある

着手金 契約時 10万円〜
報酬金 終了後 依頼人の利益により異なる
手数料 契約内容で時期を決める 数万〜数十万、内容に応じて異なる

 

浮気・不倫で法テラスに弁護士無料電話相談

収入が一定額以下であるなどの条件はありますが、法テラスに電話相談して弁護士を紹介してもらうことも可能です。

 

法テラスの弁護士相談は1回につき30分、1つの問題につき3回までです。
浮気関連では、離婚、慰謝料、養育費、親権などについて相談が可能です。

 

法テラスの電話番号

電話:0570-078374

 

法テラスの業務時間

平日の9時〜17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません)

 

浮気・不倫の無料電話相談ができるNPO法人(弁護士ではありません)

 

NPOの相談は、有料・無料の両方があります。
浮気・不倫について無料相談できるNPO法人を紹介します。

 

特定非営利活動法人 よつば(公式サイト
無料相談窓口:050-5877-7928
住所:〒110-0005 東京都台東区上野3-9-5久里ビル

 

NPO法人は無料で浮気相談はできますが、自分の代理人として法的な手続きを行うことはできません。
そのような場合は、弁護士に相談することになります。

 

浮気調査の無料電話相談(弁護士ではありません)

 

夫・妻が浮気していることに確信があったとしても、物的な証拠、それも裁判所で認められる不倫の証拠がなければ、弁護士相談しても意味がありません。
弁護士が浮気の証拠探しをしてくれるわけではないからです。

 

浮気調査は弁護士ではなく探偵事務所に相談する!

離婚調停や裁判で効力のある浮気の物証を集めようと思ったら、ずばり、不貞行為をしていた事実を証明するものでなくてはなりません。
例えば、ラブホテルに出入りする写真や映像などは有効です。

 

ただし、1回程度の証拠では、離婚や慰謝料請求しても認められない場合が多いです。
確実に浮気の物証としたいのであれば、3回以上の不貞行為の写真が必要となります。

 

このような不倫の証拠集めは、弁護士では無理です。
そのため、探偵事務所に依頼して浮気調査を行ってもらうことになります。

 

浮気調査は探偵さがしのタントくんに無料電話相談!

そうは言っても、いきなり探偵事務所に連絡するのは勇気が必要ですよね。
そこで当サイトでは、探偵事務所の無料紹介サービスである「探偵さがしのタントくん」の利用をお勧めしています。
特徴は以下の通りです。

 

  • 匿名OK!
  • 簡単診断!
  • 厳しい審査を通過した探偵社を紹介!
  • 利用料はなんどでも無料!
  • 探偵社に個人情報は伝わらない!

 

パートナーの行動が怪しい!もしかして浮気してるのかも?
そんな時は「探偵さがしのタントくん」で浮気診断してみましょう。

 

名前・住所も不要で、匿名かつ無料で利用できるので、試してみましょう。
解決できそうな場合は、浮気の証拠集めについて相談すれば良いと思います。

 

電話番号:0120-215-676

 

日本法規情報の弁護士紹介、24時間無料電話受付窓口


 

日本法規情報のサポートセンターに電話してみよう!


弁護士も人間、不得意な分野もありますので相談する内容や必要となる法律知識によって相談相手を選ばなければいけません。
とは言え、どの弁護士が良いかなんて分かりませんよね?
苦手分野の相談をして不利益を被るのは誰でも避けたいものです。

そんな場合は「日本法規情報」の無料電話相談窓口で相談してみてください。

相談者の状況や要望に応じて適切な専門家を紹介してくれ、しかも24時間受付で料金は無料です。

日本法規情報サポートセンター

電話:0120-905-075

※電話が込み合っている場合がありますので、その際は2〜3分程して再度掛けてみて下さい。